敏感肌は皮脂のバランスがポイント

幼いころから敏感肌なので、日焼け止めで肌が荒れたりハンドクリームが合わなかったりは日常茶飯事でした。
基本的に肌が弱い一族で、家族の皆がよく皮膚科に通っています。

日々のスキンケアは、無駄な成分が入っていないシンプルな化粧品を使うことで荒れにくくなるので、今は無香料の化粧品を選ぶことが多いです。

化粧水は無印良品の敏感肌用化粧水を使ってます。効いているのかないのかわかりませんが、少なくとも肌は荒れにくいので今のところはこれで落ち着いています。

不便なのは、ウール100%のセーターを着ると湿疹が出ることですね。
たぶん動物の毛に反応しているのだと思います。だからニットを着るときはポリエステル優先で選び、前もってじかに肌に触ってみて、肌触りが良いか試しています。
最近はアクリル毛糸でできたセーターも多いので、その辺は助かっていますね。

あと、敏感肌対策として「顔をごしごし洗わない」というものがあります。
洗いすぎは表面の油脂が剥がれ落ちてしまうので、洗顔は一日一回にとどめてます。
あんまり清潔にこだわり過ぎると余計肌が荒れてしまうのです。
でもあまりにも顔を洗わないと逆に皮脂でぎとぎとになりそうですし、そのバランスが難しいといつも思います。
洗うときはやさしく洗います。メイクを落とすときも丁寧に。ちゃんとメイクを落とさないとそれはそれでまた肌が荒れるので。

私は敏感肌だけど日差しには結構強いです。赤く腫れたりはしません。
メラニン色素が多いからだと思います。個人的には地黒に生まれてよかったと思います。
姉は敏感肌+日焼けで真っ赤になる体質なので人それぞれなんだなあと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ