トリートメントの洗い残しで炎症発生!

元々色が白くて肌が弱いことを自認していたので、ごく若い頃から基礎化粧品やコスメには低刺激・無添加のものを選ぶなど、気を使っていました。

ですが、その意識の落とし穴というか、油断して大失敗してしまったことがあります。
20代前半の頃、初めて行った美容院で、シャンプーとトリートメントのサンプルをいただいたことがありました。実際、美容師さんにケアしていただいた時にとても気持ちよく、香りがよかったので、自分で試すのも楽しみでした。

しばらくしてから自宅で試しました。裏にある説明書き通りに、シャンプー後にトリートメント剤を髪全体になじませ、5分間ほどそのままにしておきました。

丁寧に洗い流し、その時は何事もなく終わったかに思えたのです。
ですが数時間後、額の上部に妙な痛みがわき起こるのを感じました。鏡をよくよく見てみると、何と額の髪の生え際を中心に、ニキビ様の赤いぶつぶつが大量に発生して、帯のようになっているのです。思わず悲鳴をあげました。

皮膚科にかけこみ、この炎症の痛みを緩和する塗り薬を処方していただきました。医師にトリートメント剤のことを話すと、原因はまさにそれだ、と言います。

私としてはきちんと丁寧に水で洗い流したつもりだったのですが、ごく少量でもこういったトリートメント剤は肌に残れば恐ろしい刺激物となりえます。また、たった5分間でも、強いトリートメント剤が付着していたことは、肌にとって大きな負担だったのです。
美容院では横になり、美容師さんが肌の保護のためにタオルなどを置いてくれていたので、こういった炎症にはならなかったのでした。

これを教訓とし、以降はスキンケア用品なみに、ヘアケア用品についても、低刺激で赤ちゃんでも使えるようなものを選ぶよう、またよくよく洗い流すよう、気をつけて生活しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ